髪に一番よい習慣は睡眠です。

髪に一番よい生活習慣はと聞かれたら真っ先に睡眠だと応えます。

睡眠不足という状態は、脳に大きなストレスを抱えることになるのです。

そして脳が疲労している状態というのは、髪の毛どころか体全体に悪影響を及ぼすのです。

なので、しっかりと睡眠時間をとるようにしましょう。

 

また睡眠にはこんなヒミツも隠されています。

髪の毛がもっとも伸びる時間帯というのがあるのですが、

それが、夜の22時から翌日の2時です。

この時間帯に寝ているかどうかによって、髪の毛が伸びるスピードが変わるというのですね。

この時間帯に寝ることは、ホルモンの放出を促す状態なので、若返りにも良いとされ、ゴールデンタイムなどと呼ばれたりもします。

こんなに健康や薄毛と関係のある睡眠をみなさんはしっかりとっていますか?

 

AGAでもストレスが関係するか?

ストレスが、薄毛に関係があることは知られていますよね。

実は、AGAを進めてしまうのにもストレスが関係があると言われているのです。

 

ストレスを長期的に感じた場合、自律神経の乱れにより、血流が悪くなったり代謝が下がることは知られています。

当然これらは、髪の成長を阻害する因子となるのですが、血流が下がってしまったために体内では血流を促す多面い、テストステロンという男性ホルモンを分泌するように促します。

そのときに同時にジヒドロテストステロンという抜け毛の原因となるホルモンまで増加することになるのです。

 

 

では、ストレスが収まるとAGAによって抜けた髪の毛は戻るのか、、といえば戻らないのが現実です。

ただし、強いストレスによって、できた円形脱毛症はストレスが取り除かれると、元に戻るようです。

 

健康にも、抜け毛にもAGAにも悪いこのストレスをみなさんは上手く付き合えていますか?

特に、中年男性になると、家庭のことや仕事のことにくわえて、家のローンなどいろんなことが積み重なっていきます。

なるべくストレスをためすぎいないようにうまく発散させましょう。

そうすることが脱毛を早めない秘訣なのです。

自毛植毛の選び方のコツ

自毛植毛の治療を受けるなら、慎重になったほうがいいです。

というのも、医師の技術によって、効果が左右されるという治療法だからです。

今では、最新の植毛法や、医療機器を使っているところもあり心配ないのですが、

ただ心配なのは、自毛植毛を専門としていないのに自毛植毛をやっているようなところは要注意です。

どういうところかといいますと美容整形なんてやめておいたほうがいいと言えるでしょう。

そもそも、薄毛の専門ではないけれど、切ったり貼ったりは得意なのでやっているというパターンです。

ですが、自毛植毛はそんな単純なものではないです。

ちゃんと毛根をメスで潰さずに植えつけないと、髪の毛が再び生えてこないからです。

こちらでも同じようなことが書かれています。自毛植毛 東京で失敗しない選び方。

 

みなさんも気をつけてくださいね。

自毛植毛の手術は失敗すると、次に植毛するばあいでも髪の毛の定着率が悪くなったりするようですから、、、

牽引性脱毛症の手口にだまされるな!

みなさんは牽引性脱毛症という言葉をご存知でしょうか?

これは、増毛によるための悲惨な事実です。

 

まず、日本の大手もやっている増毛法ですが、

これは、うすくなった髪の毛の部分に、人工毛を括りつけます。

それによって、髪の毛が多く見せて、頭皮を隠す効果があるというものです。

ですが、これにはからくりがあります。

そうやって、よこからニセの人工毛をを括りつけても、ひっかりがおおくなって

本物の1本が抜けてしまうのです。

結果的に、以前よりも薄毛になってしまった、、、、なんてことがあとをたたないのです。

 

ところが、客は気分が悪いのでクレームを言いますよね。

そんなときに登場するのが、カツラです。

しかも、「今回はご迷惑をおかけしたので、通常の半額で提供します。」

といわれたらどうですか?

カツラは抵抗があっても実際にかぶって鏡で見た姿を見れば、許してしまうひともいるのです。

みなさんも気をつけてくださいね。

育毛や発毛を気軽に信じてはいけない

現在、とにかくちまたには、育毛や発毛をうたった商品がはびこっています。

ですが、はたしてそれらは本当に効果があるのでしょうか?

 

現段階で、AGAに対して確実なのは、AGA病院で処方されるプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療だったり、手術で毛根を植えこんでしまう自毛植毛だったりします。

 

そもそも発毛という言葉自体は医療機関でしか使えないのですが、あたかも発毛ことばをメディアに流すことによって、髪の毛がはえるのでは?新たな期待を寄せてしまうのです。

 

結果、膨大なお金と時間をつぎ込んでしまうものの、余り効果がでなくて、消費者センターへの苦情も年間では数千件にも及ぶそうです。

 

また、効果が無いだけならまだしも、抜け毛がひどくなる当ケースもあるようなので気をつけてください。

 

もう一度言います。発毛効果を感じられるのは現段階では2つ。

AGA治療と自毛植毛のみになります。

 

育毛剤はあくまでも抜け毛を減らしたり、髪の毛が生えやすくなる環境を整えるものだと思ってください。

もちろん、抜け毛を減らしたいというだけの願望なら、育毛剤を使って、日々の生活習慣を見直すだけでも十分な効果は得られると思います。

自毛植毛とは簡単に説明

これからますます盛んになってくるであろう薄毛対策が、自毛植毛です。
自毛植毛を簡単に説明しますね。

まず読み方ですが、”じもうしょくもう” と読みます。

読んでジのごとく  自分の毛を 植え付けるのです。

どういうことかと言いますと。

まず、男性で多い脱毛がAGA(男性型脱毛症) といいます。

これは男性ホルモンの影響により、頭頂部と前頭部に脱毛がおこることを指します。

つまり、そこ以外は髪の毛が抜けないのが特徴なのです。
たとえば後頭部なんかですね。

で、自毛植毛はその性質を利用するので、

後頭部の髪の毛を、毛根ごと切り取ります。

そして、1株ずつにきりわけて、薄毛になっている部分に植え込むというものです。

昔は、人工毛でやっていたのですが、人体の拒絶反応が起こるケースが頻発したので、
拒絶反応のない自毛での植毛へシフトしていったようです。

Wikipediaの脱毛症にも自毛植毛のことが詳しく紹介されています。

自毛植毛とは? で検索されなかったので、紹介してみました。
参考にしてみてください。

髪の毛がぐんぐん伸びる生活習慣を知っておこう!

AGAが進行していく、、、
抜け毛が気になる、、、
将来の髪型が気になる、、、

というなら直ちに生活習慣を改善すべきです。

ではまずなにに気をつけるべきかといいますと

食事です。

摂取したい栄養としては、髪の毛の主成分となるタンパク質
そして、発毛のエネルギーとなるミネラルやビタミンをしっかり摂取しましょう。

ビタミンやミネラルが豊富なのはやはり野菜や果物です。

一人暮らしの男性って結構、インスタントで済ませますからね、、、将来を大事にしてくださいね。

また、頭皮の油脂ばかり気にしがちですが、体内の油も当然気にした方がいいです。
中性脂肪や内蔵脂肪ですね。

これらを減らすには当然運動が大事になってきます。

また、運動にはストレス解消にも血流アップにもいいので毎日適度なウォーキングを心がけましょう!!
また、タバコはハゲるための因子を増やしているようなもの即効でやめましょう!!
最近では禁煙外来も月に2万円以下で受けられるようなので、健康のためにはやめて惜しくないレベル。

跡は、しっかり休息したり、睡眠は最低1日に6時間は欲しいですね。
ストレスも血流を低下させる原因となるので、なるべく解消したりあまり気にしないようにしましょう。

育毛剤は、AGAにはあまり効果なし

AGAとは男性型脱毛症と呼ばれております。

日本人男性の約3割ほどがこの悩みを抱えていると言われているのですが、
特徴としては、男性ホルモンが原因となり、頭のてっぺんやおでこのあたりから
徐々に薄毛が進行していくというものです。

また髪全体にハリやコシがなくなってしまうという軟毛化がすすんでしまいます。

はっきりいってこのAGAには育毛剤では、期待できるほどの効果はありません。
AGAを治したいなら、AGA専門病院もしくは、カツラや増毛などを考えたほうがいいでしょう。

だからといって、育毛剤がまったく効果が無いかといわれればそうでもありません

育毛剤の立ち位置としては、

頭皮の皮脂を抑えたり
血行促進
栄養を与える

これらにより髪の毛が健康に育つための、環境が整います。
そしてヘアサイクルの休止期というぶぶんを最小限にとどめて、成長期を少しで伸ばすというのが狙いです。

AGAが完全に進行してしまっているなら、育毛剤はおすすめしませんが、
だんだんと薄毛が進行してきているかな~というレベルだったり
抜け毛が最近気になる、、、というレベルなら早めの対応としてはおすすめしておきます。